転職活動の面接




面接で伝えるべきことは、貴方の経歴や募集背景などにより変わります。

従い、第三者の質疑応答を見ても参考程度ですが(面接対策本も同じ)

私の戦略を公開します



面接は2回あり

一次面接:人事担当、取締役2名
最終面接:人事担当、取締役2名、CEO


人事担当の方が面接を進めていき、お偉い方々が都度、質問をしてくる形式でした。



情報の信頼度を上げるために言いますが、



一次面接後、エージェントから面接のフィードバックがあり、結果はほぼ満点でした


さて、私が思う面接のポイントは
①相手の理解できる言葉でゆっくり話す
②話の意図は文章に潜り込ませることで相手に理解させる
③本気度を伝える


①については、貴方が逆の立場(面接官)になることを想定し


・内容
・話すスピード


が適正か、できるだけ客観的に見る努力をしましょう



面接官は貴方に歩調を合わせません


貴方がしっかりと歩調を合わせて、入社後のコミュニケーションや活性的な議論ができる姿を想像させるのです。


②③は添付の表を参照ください


あと面接の練習方法ですが


私は通勤の車内で繰り返しシミュレーション。言葉に発しながら質疑応答の練習をしました。


傍から見たら滑稽な姿かもしれませんが

できたてほやほやの志望動機は、言葉にすることはできても、頭の理解が追いついてません。

何度も繰り返し練習し、その言葉を貴方の頭に定着させ、自分の言葉として相手に伝えるのです。

今日はここまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました