独り立ち2週目

もう週末になってしまった

今週は現場をフォローしながら、架台の設計をメインでやった

設計は繊細な仕事だね

現場の装置を採寸して、図面に落とし込む

ミリ単位の作業

レイアウト、部品同士の干渉、使い勝手の良さを考慮

製図後にHPやカタログ見ながら部品の見積もりを取得

石橋を叩いて渡る私が感じたのは

見積もり取ったけど、イメージ通り組み立てられるか非常に不安

・設計が正しくできている
・図面が正しく描かれている
・部品発注が正しくできている

という3要素が必要

過去にMISUMIで部品発注をして、イメージと全く異なるものが届いたことあるし

まぁ、設備屋さんに相談しながらやったのだが

設備屋さんも1つ1つ細かく確認するなんてことはないので

さて、スキルという観点では
・部品発注の苦手意識が薄れた
・製図の操作に慣れてきた

慣れない作業で工数が掛かっているが

生産技術として避けて通れない道だと思う

振り返ると、大学、前職でも、機械や電気は人任せで、その面白さに触れる機会を自ら逃していた

楽な方に向かって、それっぽくやり過ごしてきた

29歳で転職して、ゼロから生産技術としてやり直し

キャリアとしては滑り込みセーフだったかな

掴んだものを離さないように必死にやるしかないですね



コメント

タイトルとURLをコピーしました